#観光

シェンゲン協定に加盟したルーマニアの入国審査(アンリ・コアンダ国際空港)

eyecatch

2024年3月31日にシェンゲン協定に加盟したルーマニアを訪れてみました。

陸路は依然として入国審査をしているらしいですが、空路は完全に撤廃されたと聞きました。

そこで、シェンゲン協定加盟国から空路でルーマニアに入国した場合に、実際に入国審査があるのかを確かめてみました。

シェンゲン協定加盟国から入国する場合に、どのようなフローになるか興味がある方は、ぜひご覧ください。入国のフローを事前に知っていることで、心構えや段取りがしやすくなるのではないかと思います。

ブルガリアも興味がある場合は、以下の記事もご覧ください。

Hero

シェンゲン協定に加盟したブルガリアの入国審査(ソフィア国際空港)

2024年3月31日に、シェンゲン協定に加盟したブルガリアを訪れてみました。報道で耳にした通り、空路....

ウィーンから飛行機で首都・ブカレストへ

今回は、ルーマニアの首都であるブカレストが目的地であったため、アンリ・コアンダ国際空港(OTP)に着陸しました。

いつものように、格安航空であるライアンエアーを使用しました。直接ゲートに降りるか、バスを使って接続するのかは航空会社によると思います。ですが、ここまでは至って普通です。

空港へ入る

バスから降りて、空港へ入りました。特に何もなく、ゲート前に降ろされたようです。入って出口が見えました。看板に従って進みます。

なだれ込むように人が移動しているので、流れに身を任せて行ってみました。

いざ入国審査へ

入国審査用の窓口が見えました。やはり、噂で聞いていたように、(少なくとも空路の)入国審査はありません。

今までは入国する人の審査をここでやっていたのではないかと思います。

全ての窓口は閉じられ、開いているドアに行くだけでした。

同時期にシェンゲン協定に加盟したブルガリアでも同様の流れで、完全に入国審査は撤廃されています。入国自体もスムーズで、空港の入口についてから3分程度で着陸玄関へ到着できました。

共有

同じタグの記事

サイトについて利用規約プライバシーポリシーお問い合わせライセンス
SNS
Logo
ウィーンペディア
© Wienpedia. All rights reserved