#交通

City Express Ticket(CAT)は高すぎる!ウィーン国際空港と市内の間はS7を使うべし

eyecatch

ウィーン国際空港とウィーン・ミッテ駅を繋ぐCity Express Ticket(CAT)はコスパが最悪で、現地のオーストリア人やコスパの悪さに気づいた人は全く使いません。

移住当初はこのことを知らなくて、日本のスカイライナーのように「少し高いけど便利なもの」と思って乗っていました。しかし、初めて入国時にCATを使ったことをオーストリア人に言ったときに怪訝な顔をされはじめた辺りから、なにか不都合があるのではないかと思い始め、ちゃんと調べました。

その結果、CATに乗る意味はほとんどなく、それどころか非常に損をしていることが分かり、その全体像をまとめています。

結論:ローカル鉄道で十分

ウィーン国際空港とウィーン・ミッテ駅(またはウィーン市内の各駅)間は、S7またはREX・RJに乗ればよいです。実態をお見せするために、比較表を掲載しました。

CATは、乗り換えなしでウィーン国際空港とウィーン・ミッテ駅を繋ぐ路線なので、それを他の鉄道と比較しています。まず、移動方法の選択肢として、以下の5つが挙げられますが、バスは所要時間が40分と他の公共交通機関より遥かに(倍以上)かかり、タクシーはご存知の通り非常に高額であるため、今回は省いています。

  1. CAT
  2. S7
  3. REX (Regional Express)・RJ(RailJet)
  4. バス
  5. タクシー

そのため、今回は最初の3つである鉄道の比較になります。

路線

所要時間

料金(片道)

運行時間・運行間隔

備考

CAT

19分

12.9ユーロ

5時から24時まで30分間隔

全席自由席

S7

23分

4.4ユーロ

4時から25時(次の日の1時)ぐらいまで約30分間隔

全席自由席。グループ割引あり(2人5.80ユーロ、3人で8.70ユーロ...6人で17.4ユーロ)

REX・RJ

15分

4.4ユーロ

4時から25時(次の日の1時)ぐらいまで約30分間隔

指定席あり(指定料12ユーロ)

お分かりの通り、CATは他の鉄道と比べてべらぼうに高いわりには、所要時間および運行時間・運行間隔の点では優位性は全くありません。またS7は、CATより所要時間が4分ほど多くかかりますがグループ割引があります。例えば、6人旅行をする時、S7であれば17.4€、CATであれば89.4€です。差でいうと、片道72€(12000円)程度です。

1人旅であればS7 > REX・RJ >> CATの順で選べばよく、複数人で旅行しているのであればS7 >> REX・RJ >> CATの順で優先的に便を探した方が良いです。運行間隔もどれも一緒なので「この鉄道でないとこの時間は無理」ということはありません。ただし、CATもS7も全席自由席なので、座れる保証がほしい、または、一緒に座りたいなどの要望があればREX・RJで座席指定をすると安心です。しかし、これまで10回程度乗車していますが、どの時間帯であっても座れなかったことはありません。

また、ローカル鉄道は、ウィーン空港からウィーン市内であればどこでも料金は一律です。そのため、ウィーン・ミッテからさらに移動する場合は、さらにお得です。チケットを検索するときに、目的とする駅名まで入力してからチケットを買いましょう。

CATは何が特別なのか

メリットがなさそうなCATですが、なんでこんなサービスがあるのでしょうか。

1. 車内のスーツケース置き場

CATにしかないものとして、スーツケース置き場です。

日本からは大きめのスーツケースを持ってきていることが多いのではないかと思いますが、CAT以外はスーツケース置き場はないので、座席の近くで持つか、頭上のラックに積まなければなりません。

2. 荷物預入サービス

特定の航空会社に乗る場合は、ウィーン・ミッテ駅で荷物を預入することができます。そのため、eチケットなどを発券していれば、空港の保安検査場にすぐ向かうことができて、チェックインの手間を省くことができます。

一見便利そうですが、このサービスに対応している航空会社は多くはなく(スイス航空、ベルギー航空などヨーロッパ中心)、日本在住の人であれば、使う必要性がないことがほとんどだと思います。

3. 旅行の特別感

現地の人は「特別感ぐらいだよ、得られるものは」と言っていました。確かに、CATは(全席自由席なので席がある保証はありませんが)使う理由がないからかいつもスカスカで快適です。

なんかとてもいい乗り物に乗っているように感じがするようなしないような気がします。

4. ウィーン・ミッテ駅のロッカー

CATユーザーは、ウィーン・ミッテ駅のロッカーを使うことができます。ですが、ウィーン・ミッテ駅のロッカーに荷物を預けたくなるシーンをあんまり想像できません。

共有

サイトについて利用規約プライバシーポリシーお問い合わせライセンス
SNS
Logo
ウィーンペディア
© Wienpedia. All rights reserved